スマホにもウイルス対策は必須、感染時の対策を整理しておくことが大切です。

スマホはどのようなときに感染し、感染したことを知るには?

スマホの調子が変、ウイルス感染を疑念

目立つ動作としては、ある時期から「ウイルスに感染しています、直ぐにこのアプリを入れて」などがあります。
スマホを使っていて以前より動きが遅いとかパケット通信量の消費が多くなったなどの症状が感染した場合にでてきます。
動きが重くなる原因としては「複数のソフトの起動」もあるのですが、アプリ起動が見えないバックグラウンドでウイルスや悪意のあるプログラムがスマホの個人情報や通信データを外部へ送信していることでパケット量の増加や動作の重さにつながってくることもあります。

「妙に重い」「パケットデータ量の消費が急増」などがあった場合、ご自身で心当たりがないようなら要注意です。
ウイルス感染ではなく、自動バックアップを定期化していたりすれば、必然的にデータ量増加や本体キャッシュが満杯になり動作が重くなります。
一度、不要なファイルを消去してみて、それでも重い場合などは、ウイルス感染を疑ってみルことだと思います。

まだまだある感染疑惑の予兆

前述した症状の他にもこんな動作を感じたら疑ってみてください。
・カメラが勝手に起動する(頻繁)
・知らぬサイトから迷惑メールが頻繁になる
・見知らぬ発信番号がある
・妙な音を鳴らす
・知らない間にアプリがインストールされている
・データ類が知らない間に消去されてなくなった
・電話が勝手に切れる
・再起動を繰り返す
・電池の減りが早い
・アプリがやたらに落ちる
・操作もしたいないのに勝手に動く

以上のような症状が現れだすとウイルス感染疑惑が高まりますが、別にスマホが故障し始めたり劣化症状だったりもします。
以上の症状から疑惑を感じられれば、アプリのウイルススキャンやキャリア(メーカー)でのチェックと修理をしてみましょう。
チェックをしてもらえば、ハード的な故障なのかウイルスによるものなのかは判別できます。
面倒だと思わずに早めに確認をしてみてください。