スマホにもウイルス対策は必須、感染時の対策を整理しておくことが大切です。

コンピュータの仲間であるスマホも感染、修復は修理店利用が最適

ウイルスは何をするのか、目的は?

ウイルスが登場した当初は、メッセージを表示させたりジョーク的な目的で作られたとものばかりでした。
現在のウイルスもそういった趣旨のものも多いのですが、個人やシステムに有害に働くものも多くでています。
ジョーク的なものとしては、ハードディスクをフォーマットする、BIOSのROMを書き換え起動しなくする程度なので修復は容易です。
ウイルスでも特に警戒するものが感染した後、個人のパスワードやデータを外部へ流出させたり、盗み取りそれを悪用することをします。

ウイルスには検知されやすいものと、ステルス性の高い発見しづらいものに別れます。

特に要注意なのはなんといっても動作不良より感染したコンピュータの情報を盗んでしまうことでしょう。
金銭目的の犯罪の道具としても利用されるウイルスは、確りと対策もしておかないといけません。
ウイルス系としては、スパイウェアやマルウェアなどもありその特性が違ってきます。

ウイルスはどんな種類があるのでしょう?

代表的なものについて触れてみましょう。
ワーム系
ワームとは、ネットやUSBメモリーなどを通じて感染するもので、様々な被害をもたらすタイプのものです。
ネットの中を虫が這うようなイメージから名が付いたようで、ネットを通じてつながっているパソコンなどの這い回り感染していくのがワームタイプになります。
感染力が強力なので拡散して被害をもたらします。
ウイルス付きメールなので知らずに発信する手法が典型的なのです。
感染スピードも速いのが特徴です。

トロイの木馬系
トロイの木馬は、ウイルスの散在を知ったきっかけの言葉です。
ギリシア神話のトロイの木馬を想像したウイルスです。
ユーザーの利用するソフトやゲームソフトに見せかけたもので、それを実行するようにしかけます。
うっかり実行をしてしまえば、立ち所にトロイの木馬に感染するのです。
これに感染すると、個人情報の盗用や機器の設定変更を勝手にされるなどの状況になります。